韓流TOEIC(K-TOEIC)&資格勉強日記

TOEIC帝国韓国の対策本をメインに使用したTOEIC勉強日記です。進捗や韓国本のレビューを書きます。今年は他の資格にも挑戦します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



私のブログは、引用・リンクフリーです。有用情報と思われましたら拡散お願いします。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

TOEICリスニング満点までの道のり

スタートからリスニング満点を取るまでに使った問題集などの簡易まとめです。リーディングはあまり成果が出ていないので省きます。私は定常的にリスニング満点を取れるレベルではないので参考程度にお願いします。また、私は完全国内型です。

英語勉強スタート時、英語は苦手だったので基礎からやり直しました。まずは英検2級。 英検2級受験までは、文法を桐原標準1100で強化した後、英会話ぜったい音読という教材をひたすら音読&筆写とラジオ英会話レッツスピーク(今のラジオ英会話レベル)というのを3ヶ月ほど聞いていました。単語はDUO3.0を繰り返し。これで英検2級はボーダー6割のところを8.5割で余裕合格しました。

次のステップの英検準1級合格までの時期はNHKラジオのビジネス英会話(今の実践ビジネスレベル)をずっと聞いていました。これを何度も聞き精読をしてから音読を繰り返しました。1週間で3レッスンしかないので、量が足りないと思いダイジェスト版も購入して、それもやっていました。4冊くらいはやったかなぁ・・・

ダイジェスト版とはこんな感じの本です。1年の放送のまとめなのでとてもお得です。
NHKラジオビジネス英会話-高橋修三ワークライフバランスを考 (NHK CDブック)NHKラジオビジネス英会話-高橋修三ワークライフバランスを考 (NHK CDブック)
(2008/06)
杉田 敏

商品詳細を見る

ここまでの道のりは直接得点力にはなっていないですが、基礎強化にはなったと思います。(英検準1級合格後のTOEICリスニングは確かL330とかでしたから・・・) これらは所謂基礎トレですね、これも避けれない道ではあると思います。

しばらくのブランク期間があり、TOEIC特化勉強を始めてからはイクフンを一通りと公式の2と3をやって、臨みました。イクフンは極めろを3周、解きまくれを1周ほどやりました。結果はL435(トータルは810)

その後は、解きまくれ2周目、トリプル模試2、直前模試、公式4をやって2回目の試験に臨みました。大体全体的に2周くらいやっています。結果はL420。なぜかダウン、少しへこみました。

3回目受験は模試をたくさん解こうと決めたので、公式1、10回模試を購入しさらっと1周、10回模試を通して韓国本に興味がわき現地から仕入れることを決意(Andyさんのブログを発見)、原書チャレンジでヨウンシガンとEconomy4をやりました。復習は間違ったところとあやふやなところのみを聞きなおしと簡易シャドウイング程度でさらっと1周。結果、リスニング満点が出ました。解きまくったのがよかったようです。ここまでで模試は40Setくらいはやったと思います。ただ、しつこく繰り返したのはそれほど多くは無いです。

4回目の受験は、リーディング強化をはかったので(成果はほぼ無しでしたが。。。)、リスニングは公式4の復習とEconomy4をさらっと復習していました。それが仇となり、また本番でP2中に欲張ってP5をやってボケミスを連発しました(P1&2で6ミス)。結果L465

5回目の受験、前回を反省してEconomy4をしっかりやることにしました。Test1-5までを解き直し、P3&4を徹底的にシャドウイングしました。結果、2度目の満点が出ました。


リスニングに関しては、基礎トレも大切ですが解きまくることによって伸ばしやすいと思います。また後ほど書きますが、解きまくるとどこが大切なのかを推測する力がつきます。設問の先読みがすごーく冴えます。特に韓国の音声は負荷を与えるように出来ているので、本番が易しく感じられます。
リーディングは私の失敗例からも分かるように、ある程度力が無いとたくさんといてもあまり成果にならないということですね。

次はリスニング受験時の私が心がけていることを書きます。 
上記、あまりまとまりが無い記事なので他に気になる点ありましたらコメントお願いします。


私のブログは、引用・リンクフリーです。有用情報と思われましたら拡散お願いします。

ディクテーションについて

今回は、ディクテーションについての記事を書きます。だいぶ前に柴犬さんのブログで、記事を書くと言ったのを忘れていました。

去年からTOEIC特化勉強を始めて、この過程ではディクテーションはやっていないのですが、苦手~英検準1級までの道のりで、ディクテーションはやっていたので、それについて記事を描きます。今回一気に伸びたので、私のリスニングの土台にはなっていたのではないかと思います。

導入教材
日本人は英語のここが聞き取れない―3週間でできる弱点克服トレーニング【CD1枚付き】日本人は英語のここが聞き取れない―3週間でできる弱点克服トレーニング【CD1枚付き】
(2003/09/04)
松岡 昇

商品詳細を見る


アルクのヒアリングマラソンのディクテーションチャレンジというコーナーで集計された、間違いが多かったところが、ランキングでまとめられています。なるほどと思う情報です。

ルールは単純で
1.必ず初見の文章でスクリプトは絶対に見ないこと
2.文法力などを総合して聞こえない音を推測すること

です。(他にもあったかもですが、5年以上前の記憶なので・・・)

また、この本には批評がされていて、ランキングにあがっているものの一部は、ハイフンがないとかコンマがないとか、そんなのどうでもいいとか言うものなのですが、果たしてそうでしょうか?? これってリスニング上は問題ないのかもしれませんが、文法上は大切な項目ですよね?つまり、ディクテーション⇒総合力アップとなります。

これが終わった後は、英検準1のリスニング音声をディクテーションしてました。英検のリスニングを選んだ理由は、
1.試験用の教材であり、英語力を測る(英語力アップにつながる)ための研究がされている
2.問題を作る人数が多く校正もきちんとされ、時間をかけて作られている(ニュースとかは、即興で作られますよね)
3.英検のホームページで無料でダウンロードできる。日本語訳はないですが、スクリプトと音声は無料で手に入ります。

http://www.eiken.or.jp/exam/index.html

興味をもたれた方はディクテーションをぜひやってみてください。総合力アップにきっと効果があると思います。


私のブログは、引用・リンクフリーです。有用情報と思われましたら拡散お願いします。

NHKラジオ講座 続き

この前の記事の続きです。

NHKラジオはNHKのページで先週分をストリーミングで聞くことが出来ます。
これ、とても便利です。
http://www.nhk.or.jp/gogaku/streaming.html

私が当時勉強していた時は、雑音の多いラジオをMDに録音して、編集機能でダイアログを切り出して何回も聞いていました。雑音が少ない場所を求めていろんなところを探してました。当時学生であまりお金をかけられなかったので(今もあまりかけてませんが)
安く上げるにはNHKは最適でした。

さて、以前に便利ツールの記事を書いた時に録音と編集方法は紹介しています。
こちらの記事を見てください。


ただ、これよりもっと便利な方法があります。

CaptureStreamというすごいツールがあります。
http://www42.atwiki.jp/cachestream/
ボタンを押すだけで、ストリーミングをMp3に変換してくれます。
後の加工方法は便利ツールの記事を見てくださいね。

これ、すごく便利なんですが、NHK側もCDを売りたいのでいろいろな対策をしてくると思います。広めずにこっそり使ってくださいね。私はマイナーブロガーなのであまり気にせず書けますが


※また、NHKラジオはあくまで基礎強化としてやってください。TOEICの点を上げたいなら平行して必ず問題演習をやってください。私が当時、伸び悩んだ時のことなのですが、NHKを中心に学習していましたが、英語力が試される英検準1級は受かりましたが、対策無しでTOEICを受けても650程度でした。
TOEICはスピードと慣れが重要なので、必ず問題演習をしてくださいね。
音読とか多読が楽しくなって、問題演習を怠るというのが私が陥った罠で(私は多読はしていません)、同じような方もよく見ます。


※7/3追記
CaptureStreamは公開終了してたみたいですね・・・
とても便利だったんですが・・・
さて、類似のツールで「NHKラジオ語学番組キャプチャツール」というのがあります。
これもほぼ同じように使えます。ダウンロードできなかった方はこっちを試してください


私のブログは、引用・リンクフリーです。有用情報と思われましたら拡散お願いします。

NHKラジオ講座

リスニング満点記念 カキコ その2です。

直接な試験対策ではないのですが、すき間時間に1月テスト終了後から5月の試験までやっていたことです。

NHKラジオの実践ビジネス英語を聞いていました。

NHK講座はすべてのレベルの人にお勧めで、
私も中学教科書の音読で基礎力をつけたあとはひたすらこれをやっていました。(苦手から準1級までの道のりです)実践ビジネスはかなり難しいですが、力はしっかりつくと思います。

さて、具体的なやり方です。
テキストは書店に売っているんですが、これA5サイズで意外とでかくポケットには入らないんですね。基礎英語だとA4 orz
ちょっとしたすき間時間にやるには不向きです。

なので、私はテキストをネットダウンロード購入していました。

ここで買えます。
http://books.bitway.ne.jp/meng/cp.php?req=dtext&site=hi-ho

これはPDFで購入するんですが、印刷回数に制限はなく、何度でも印刷できます。
さらに、1/2や1/4サイズの印刷も出来ます。
私は1/4の両面印刷にしてポケットに入れて、ちょっとしたすき間時間にやってました。

具体的に書くと、
就業前の10分で 予習でダイアログを聞く(分からなくても何度も聞く)
昼休みの30分で 録音した放送を聞いて、ダイアログを理解する
3時休憩で 復習(聞き込み&脳内シャドウイング)
こんな感じでまわしていました。大体1時間くらいかな・・・

では、放送の録音ってどうやるの?
ダイアログはどうやって取るの? と思うと思いますが、それは次の記事で・・・


私のブログは、引用・リンクフリーです。有用情報と思われましたら拡散お願いします。

リスニング 対策について

リスニング満点記念 カキコです。

まぐれのような気がしますが、リスニングで満点が取れたので、
効果があったと思われる教材を紹介します。

TOEICテスト本番攻略リスニング10回模試TOEICテスト本番攻略リスニング10回模試
(2010/09/08)
ジム・リー

商品詳細を見る

私はいろいろやったので一概には言えないんですが、これは効果あったと思います。
やっている人をあまり見かけないですが、これをやった人はスコアアップされているみたいです。

特に私とTOE育Manさんは同じくらいのスコア(400強)からこれをやって、今回のテストでリスニング満点を出しています。
もちろんこれだけではないと思いますが、
共通教材で2人分の満点のエビデンスがあるので、これは激推しできますよ!!
リスニングを上げたい方はぜひやってみてください。きっと効果が出ると思います。

あと、音声が使いにくいので、こちらの記事を見てくださいね。
レビューも後ほど書きます。


私のブログは、引用・リンクフリーです。有用情報と思われましたら拡散お願いします。

スポンサーリンク
プロフィール

Adams

Author:Adams
こんにちは、Adamsと申します。
韓国から仕入れた原書や翻訳本
をメインに使用してTOEICの勉強
をしています。
2011年は他の資格にも挑戦します。
一応エンジニアをやってます。
また、2児の父でです。。。
子育て世代の皆さん一緒に
頑張りましょう。

韓国原書本の仕入れ方:
この記事参照

英語学習履歴
2003年センター試験
120点くらい(英語苦手でした)
2004年 
英検2級 合格(開始3ヶ月)
2005年第1回 
英検準1級 不合格B(開始1年)
2005年第2回 
英検準1級 合格(開始1.5年)
2006年 
旧式TOEIC650くらい
(ショックを受けTOEIC封印)
漢検2級合格
----4年ほどブランク---------
2010年06月勉強再開
2010年11月 
TOEIC 810(L435 R375)
2011年1月 
TOEIC 810(L420 R390)
2011年5月
TOEIC 885(L495 R390)
2011年6月
簿記3級合格
2011年7月
TOEIC 860(L465 R395)
2011年9月
TOEIC 870(L495 R375)
2011年11月
簿記2級合格
TOEIC 905 (L480 R425)
2011年12月
ITパスポート合格

ユニークアクセスカウンター
トータルアクセス 2011.12より


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。