韓流TOEIC(K-TOEIC)&資格勉強日記

TOEIC帝国韓国の対策本をメインに使用したTOEIC勉強日記です。進捗や韓国本のレビューを書きます。今年は他の資格にも挑戦します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



私のブログは、引用・リンクフリーです。有用情報と思われましたら拡散お願いします。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イクフン本レビュー

本日からイクフン本レビューをしていきます。

私自身、勉強を始めてからこのシリーズに出会い、感動してシリーズを7冊全部やってスコアアップに大きく寄与してくれました。極めろPart5&6(イクフン青)と解きまくれPart5&6は既に定番となっていますが、その他はまだまだマイナーな感じがするのでレビューと効果的だった使い方などを書いていこうと思います。
前にも書きましたが、私はニッチな記事を書いていこうと思っているので、既に取り上げてる方が多い、極めろPart5&6と解きまくれPart5&6は省略します。

まず、イクフン本なのですが、極めろシリーズと解きまくれシリーズの違いから説明します。

極めろシリーズ:いわゆる解法と演習タイプの問題集です。受験時代にチャート式をやられた方はあんな感じというとイメージしやすいと思います。問題のパターン例と例題が載っていて、その後に演習問題がどっさりあります。

解きまくれシリーズ:シンプルな問題集です。全部で4冊あり、それぞれのPart別に、問題を解きまくる構成になっています。見開きで左に問題右に解答となっています(Part7は次ページに解答解説)。
ちなみに原書はリーディングとリスニングに別れている模試問題集で解答別冊別売りです。それを日本の出版社が解説を入れて再編集しています。(間違ってたらすいません・・・)

なので、自信のある方は解きまくれからでいいと思いますが、それ以外の場合は極めろからはじめるのがよいと思います。

次の記事は、極めろリスニング解答力について書きます。


私のブログは、引用・リンクフリーです。有用情報と思われましたら拡散お願いします。

[ 2011/03/29 20:29 ] イクフン本レビュー | TB(0) | CM(0)
スポンサーリンク
プロフィール

Adams

Author:Adams
こんにちは、Adamsと申します。
韓国から仕入れた原書や翻訳本
をメインに使用してTOEICの勉強
をしています。
2011年は他の資格にも挑戦します。
一応エンジニアをやってます。
また、2児の父でです。。。
子育て世代の皆さん一緒に
頑張りましょう。

韓国原書本の仕入れ方:
この記事参照

英語学習履歴
2003年センター試験
120点くらい(英語苦手でした)
2004年 
英検2級 合格(開始3ヶ月)
2005年第1回 
英検準1級 不合格B(開始1年)
2005年第2回 
英検準1級 合格(開始1.5年)
2006年 
旧式TOEIC650くらい
(ショックを受けTOEIC封印)
漢検2級合格
----4年ほどブランク---------
2010年06月勉強再開
2010年11月 
TOEIC 810(L435 R375)
2011年1月 
TOEIC 810(L420 R390)
2011年5月
TOEIC 885(L495 R390)
2011年6月
簿記3級合格
2011年7月
TOEIC 860(L465 R395)
2011年9月
TOEIC 870(L495 R375)
2011年11月
簿記2級合格
TOEIC 905 (L480 R425)
2011年12月
ITパスポート合格

ユニークアクセスカウンター
トータルアクセス 2011.12より


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。