韓流TOEIC(K-TOEIC)&資格勉強日記

TOEIC帝国韓国の対策本をメインに使用したTOEIC勉強日記です。進捗や韓国本のレビューを書きます。今年は他の資格にも挑戦します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



私のブログは、引用・リンクフリーです。有用情報と思われましたら拡散お願いします。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

振り返り記事

年末年始でTOEIC900達成までの振り返り記事を書きます。
結構長くなりますが、よろしくお願いします。

まずは、動機出来事編からはじめます。


私のブログは、引用・リンクフリーです。有用情報と思われましたら拡散お願いします。

[ 2011/12/28 01:28 ] その他 | TB(0) | CM(0)

TOEIC公開テスト (第167回) アビメ分析&その他証書等

郵便受けを見たら日曜ですがアビメが届いていました。郵便局さんお疲れ様です。
さっそくTEX氏のページで分析を行います。

【お名前】Adams
【フォーム】4HIC28
【スコア】L480 R425 T905
【LAM】90 100 100 90
【RAM】67 89 80 84 100

分析
リスニング
短い会話推測:2ミス(18/20)
長い会話推測:0ミス(21/21)
短い会話詳細:0ミス(20/20)
長い会話詳細:4ミス(35/39)
P1&2:38/40
P3&4: 56/60
合計:94/100

リーディング
文書の情報を元に推測:5ミス(10/15)
文書の具体的な情報を理解:2ミス(16/18)
ちりばめられた情報を関連付け:4ミス(16/20)
語彙:5ミス(27/32)
文法:0ミス(22/22)
合計 91/109(85%)

今回リーディングで初の400超えになりましたが、425でParcentile Rankは94%だそうです。それに対し、リスニングは480で96%です。やはり、リーディングのほうがはるかに点は取りにくいようです。また、リスニングは94点で480とは少しきびしめみたいですね(いつもは95点で満点が出ます)。
文法で初めて100%だったのでうれしいです。直前はイクフン文法のとき直しをしていました。

さて、折角なので証拠写真をupしますね。
2011-11スコア

アビメ
アビメ


※以下は後ほど
続いて、ついでに簿記の証書をupしておきます。これもそれなりに頑張ったので・・・
簿記


あと、Itパスポートも
IP.jpg

ぎりぎりですw


私のブログは、引用・リンクフリーです。有用情報と思われましたら拡散お願いします。

[ 2011/12/25 17:29 ] TOEIC結果 | TB(0) | CM(0)

TOEIC900達成のお礼

こんにちは Adamsです。

私もゴールに設定していたTOEIC900を達成しましたのでTOEICは一旦切り上げ、今後は他の資格チャレンジをしていくことにします。皆さん本当にありがとうございました。
次は簿記1級にチャレンジします。

さて、900達成に関して、引退された伝説のブロガーmasamasaさんの記事から一部引用します。


------以下引用-------------------------------------------
<結局、TOEIC900点って何なのか>

私のように仕事で英語を使わない職種でも、
TOEIC900点は強力な武器になることが分かりました。
社内的には「とりあえずバカではない」ことを証明できます(笑)。
なんていうか、実感として、一目置かれるようになりました。
社外的にはハッタリが効きます。強烈に。
ブログの世界にいると、900点ホルダーなんてゴロゴロいるけど、
一歩、外に出たら、ぜーーーーーんぜん出会わないのだよ(キッパリ)
特に技術系は。

そして面白いことに、「900点超えた」と伝えても、
具体的なスコアは聞かれないのです。
900点も950点も980点も一緒。
990点以外は全部一緒。
気にするのはブロガーと読者・・・つまり、アナタ達だけです(笑)

要するに、一部の特殊な事情(講師、趣味、意地など)を除き、
TOEICは900点で終了ってことです。
気持よく、次の道に進むべきです。

-----引用、ここまで----------------------------------------


確かに、これはそのとおりですね。
私自身は、リスニングで満点を2回出したのですがTOEICマニアに関してはリスニング満点は多少 「おっ」と思う方や興味を示す方もいるのかもしれませんが、一般的にはそんなことどうでも良いようです(笑) 
リスニング満点といっても、800台は800のテーブルに並べられてしまいます。895でも800になってしまいます。
ところがこれが900になると、900のテーブルに入るんですね。900で最下位クラスでも900なのです。 そして、900と950だと恐ろしい壁があるんですが、一般はそんなことは知らないしどうでもいい、900でまとめられてしまう。

私も、英語大好きとかTOEIC大好きとまではいかないのでこの辺で身を引いて、他の資格のチャレンジをすることにします。今回も900目指しながら簿記2級とITパスポートの取得ができましたので、950を目指す労力で他の資格にチャレンジできると思うからです。(韓国だとサムスンは課長昇進に920いるらしいですが、日本では860以上のスコアが求められることはほとんど無いです)

学生時代は英検準1級を取得しましたが試行錯誤しまくりでひどいものでした。今回のチャレンジはイクフンシリーズを発見し、10回模試、Andyさんのブログを発見したりと韓国本にふれ、効率のいい学習ができました。本当にありがとうございました。
また、マイナーなブログでしたが読者の皆さん本当にありがとうございました。
今後はこのブログは思いつきで記事を書いたり、資格勉強日記になります。

さて、年末年始で学生時代からの振り返り記事を書きます。年末は出来事編、年始は使った教材などのまとめです。
私は簡潔な文章を書くのが下手なので長くなってしまいますがご容赦ください。

あ、その前にアビメアップしないとですね♪

では!


私のブログは、引用・リンクフリーです。有用情報と思われましたら拡散お願いします。

[ 2011/12/23 17:40 ] TOEIC結果 | TB(0) | CM(14)

TOEIC公開テスト (第167回) 結果速報 900達成しました

やっと900達成しました!!

TOEIC900.jpg

所感:
リーディングがかなり奮闘してくれました。今回はPart7模試の音読を中心にやっていました。音読すると嫌でも頭から読まないといけないので読解力はつきますね。自分でも以前よりかなり読めるようになったと実感はしていました。

リスニングも思ったよりは悪くなく何とか持ちこたえてくれました。結構ギリギリなので・・・
リスニングは自信なしが10問近くありましたが、結構当たっているみたいでやはり解きまくったことによりニュータイプ能力(予知能力)みたいなものがついたんだと思います。

やはり900超えはかなりいい気分ですね。贅沢を言えばL495で900達成したかったです(笑)
国内独学なのでそれなりに長い道のりでした(学生時代も合わせて3年くらい)。

今後は簿記をぼちぼち頑張ります!!


私のブログは、引用・リンクフリーです。有用情報と思われましたら拡散お願いします。

[ 2011/12/19 12:35 ] TOEIC結果 | TB(0) | CM(18)

ITパスポート CBTについて

折角受験してきたので、記事を書いてみます。CBTは先月より開始されました。
簿記の記事は後ほど書きます。

■ITパスポートについて
初級シスアドの後継試験として、2009年より開始されました。新試験制度のスキルレベル1(スキルレベルは1~4が設定されている)に相当します。要は、一般ユーザーのIT知識の試験といったところですね。

■難易度
初級シスアドに変わる試験とのことですが、初級シスアドよりずっと易しいです。
というのは、初級シスアドは
午前 1問1答形式の問題
午後 長文問題 
となっており、午前午後で2回試験を受けなければならず、またこの長文問題がなかなか曲者で国語力を必要とします。
ITパスポートはシスアドの午前問題をもう少し難しくして、出題範囲が広がったような感じで、午後形式の問題はありません。

■出題範囲等
純粋にPCスキルではなく、経営関係(ストラテジ、マネジメント)とIT(テクノロジ)と幅広く問われます。とは言っても、この単語の意味は何か?的な意味を問うものが大半で暗記による対策がほとんどになります。私は参考書を1冊やってから臨みました。それで十分と思います。問題は短答形式88問、長文形式の中問3題で12問となっています。合計100問。中問は少しややこしいかもしれませんが、それでもシスアド午後より易しいかと思います。

■評価は?
易しい試験なので、決定打になるほどではないでしょうが、最低限のITスキルが有るという証明になります。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NC/20101105/353846/
ここでもエンジニアではない営業担当には持っていてほしい資格になっています。初級シスアドの後継ということなので、シスアドと同じように見てくれるならおいしい資格と思います。(シスアドよりずっと易しいので)

■CBTについて
2011年11月がらCBT形式に移行しました。CBTとはCBT(Computer Based Testing)の事で、PC上で試験を受けます。といっても自宅で受けるのでは無くて、テストセンターに行ってそこでPCを使って受けることになります。テスト問題もランダムで出ているようで、前の方の画面がチラッと見えましたがまったく違う問題を解いていました。
また、受けたい時にいつでも受けられるようになりました。地域によって違うようでうちは月2回です。4回以上やっているところもあるようです。

■その他
CBTは採点も少し巧妙なようです。私は7割はいった気がしていたのですが、採点は625/1000でした。他にも某掲示板を見てみると8割以上は確実に行ったはずなのに750くらいだったとか、応用情報もちなのに800いかなかったとか書かれている方がいたので、単純に正答率だけでもなさそうです。 ペーパーより少し難しくなっているのではという見解でした。

■まとめ
個人的には結構お勧めの資格ではないかと思います。易しいし一応国家資格です。CBTなのでその場で結果が分かりますし、受けたい時に受けることが出来ます。ちょっとした軽い気持ちではじめてみるには良いと思います。


私のブログは、引用・リンクフリーです。有用情報と思われましたら拡散お願いします。

[ 2011/12/13 11:35 ] 情報処理関係 | TB(0) | CM(2)
スポンサーリンク
プロフィール

Adams

Author:Adams
こんにちは、Adamsと申します。
韓国から仕入れた原書や翻訳本
をメインに使用してTOEICの勉強
をしています。
2011年は他の資格にも挑戦します。
一応エンジニアをやってます。
また、2児の父でです。。。
子育て世代の皆さん一緒に
頑張りましょう。

韓国原書本の仕入れ方:
この記事参照

英語学習履歴
2003年センター試験
120点くらい(英語苦手でした)
2004年 
英検2級 合格(開始3ヶ月)
2005年第1回 
英検準1級 不合格B(開始1年)
2005年第2回 
英検準1級 合格(開始1.5年)
2006年 
旧式TOEIC650くらい
(ショックを受けTOEIC封印)
漢検2級合格
----4年ほどブランク---------
2010年06月勉強再開
2010年11月 
TOEIC 810(L435 R375)
2011年1月 
TOEIC 810(L420 R390)
2011年5月
TOEIC 885(L495 R390)
2011年6月
簿記3級合格
2011年7月
TOEIC 860(L465 R395)
2011年9月
TOEIC 870(L495 R375)
2011年11月
簿記2級合格
TOEIC 905 (L480 R425)
2011年12月
ITパスポート合格

ユニークアクセスカウンター
トータルアクセス 2011.12より


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。